バナー

太陽光発電で困ったらこちらへ

LED(LightEmittingDiode)は、発光ダイオードと呼ばれ、電圧を加えると発光するという性質をもった半導体素子のことです。

LEDの発光色は、多様な発色をしますがその謎は、LEDチップに使用されている、ガリウム、窒素、インジウム、アルミニウム等の化合物にあります。


それらの化合物により放出される光の波長が、LEDの発光色を決めているのです。白色光は、2色以上の光をまぜることによって白色にみせるという方法をとりますが、赤、青、緑を混色したほうがより自然な白色を出すことが出来ます。
それでは、まず、光熱費を節約するという視点から探っていきます。
恐らく大半の人はご存知でしょうが、LED照明は発光効率が高いために、少ない電気代で今までの白熱電球と同等の明るさを確保することができます。

少ない電気代というのは、もう少し詳しく言うと白熱球の約10分の1、蛍光灯の約2分の1で賄えるということです。


資源エネルギーの在り方等を統括する機関が発行する電力需要関連の資料によると、LED照明の導入により、会社のオフィスでは電力総消費量の22パーセント、一般家庭の電力総消費量の16パーセント分のコスト(電気代)削減が可能となります。

LED照明は熱くならない性質があり、間接的に冷却機器の電気代を削減することにつながります。

冷却機器というのは、特にスーパーマーケットやコンビニエンス・ストア等の冷凍食品のコーナーやヨーグルトやチーズといった乳製品、アイスクリームを格納しているケース、魚介類を腐らせないようにするための冷凍冷蔵庫等が、該当します。

これらの電気代をカット出来れば、企業側としても嬉しいはずですから、積極的にLED化を進めていく方向に、世の中は流れて行きます。

また、LEDは長寿命であることも有名です。


白熱電球の約40倍、蛍光灯の約4倍という驚く程、長持ちします。

電球や蛍光管の交換作業も著しく必要性がなくなるので、更にコストカット出来ることになります。


太陽光発電の口コミを探してみませんか、一般の人は太陽光発電の事をどのくらい知っているのでしょうか。

太陽光発電キャンペーン中などの文言を見かけることがありますが、これがどのように太陽光発電ユーザーのメリットになっているのでしょう。

http://www.odakyu-fudosan.co.jp/
http://www.fdk.or.jp/
http://www.homenavi.or.jp/